オフセット印刷で作成するシールは高品質です

シールのプリントは簡単なものであれば、デジタルプリンター、いわゆる職場にもよくあるプリンターで印刷することは可能です。
その場合、あて名シールを作成するということぐらいであれば何ら問題はないのですが、カラーで写真などが入ったものやデザインの凝ったものについては、どうしてもデジタルプリンターでは限界があるのです。
デジタルプリンターの特徴は様々な色をドットを用いて表現するというものであり、拡大鏡などで見るとよくわかるのですが、どうしてもドットの感じが残る仕上がりになっていまします。
デジタルプリンターではなく、オフセット印刷で作成するとそうしたドット感に悩まされることはありません。
拡大鏡で見ても細いラインがラインのまま見えるということになり、やはり美しさの点では大きな違いがあるのです。
オフセット印刷でシールを作成するにはどうしても外注をするので時間がかかるということがデメリットではありますが、大量に作成をする場合にはかえって割安になるものです。
シールの印刷のクオリティにこだわるのであればオフセット印刷といった方法を外注で使うと良いのです。